レーダー探知機取り付け
 先日、世田谷のオートテックで激安のレーダー探知機を発見。値段は税込みで2,079円! 失敗してもこれくらいの値段なら・・ さっそく購入しました。
レーダー探知機外箱
2,079円のレーダー探知機
 この探知機の機能は
1.取締連絡波350.1MHz受信可能
2.ステルス・新Hシステム対応(ステルス判別回路内蔵)
3.近づくと早くなるピッチアラームコントロール付
などなど。一般的な使用だけど、高性能機に比べると機能が少ないって事ですね。

 

 取り付けはサンバイザーに付属のクリップで止めるだけ。太陽電池のコードレスではないので、 シガーライターからの配線が必要です。配線はフロントピラーの中を通して、外からは一部しか見えないようにしました。

レーダー探知機取り付け
サンバイザーに取り付け
 

 普通に取り付けると、シガーライターを使うのですが、シガーライターはほとんどデジカメの充電に使っています。分岐させて増設ソケットを付けるのは見た目が悪いのと、危険なので(シガーライターの許容量は10〜15A)、別の場所から電源を取ることにしました。
 そのまま接続すると常時レーダーに電流が流れてしまうので、ON、OFFスイッチを付けました。
ケーブル切断 電源スイッチ
別の場所から電源を取るため、ケーブルを切断 電源ON,OFFスイッチを追加
 

果たしてちゃんと動作するのか?
 取り付けてしばらく立ちますが、結果は「結構使える」です。一般道、高速道路、共に オービスのある場所を通過して、動作を確認しました。ただ受信感度が悪いのか、ある程度近づかないと 反応しません。それでもスピードを落とすには十分な距離があります。
 取締の現場を通っていないのか、有人の取締レーダーと、取締連絡波350.1MHzは、未だに受信したことがありません(雑音はしょっちゅう入る)。
 

 値段のことを考えると、十分に使える買い物だったと思います。
 

 ただし、このレーダー探知機は後方追尾レーダーには対応していないことを身をもって体験(泣)